そ よ 風 散 歩

そよ風のように爽やかで気ままに・・・デジカメと遊ぶ!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:山( 343 )
古処山(復路)
コース 古処山登山口~五合目登山口~水舟~山頂
水舟~五合目登山口~古処林道~国道~秋月街道~だんご庵~古処山登山口

陽がさしたり、ガスがかかったり・・・降らないだけ良しとしましょう
気温20度汗ばんだ体に涼しい風も
食事中に寒くなりました
五合目登山口まで来た道を・・・
b0037717_14253593.jpg

滑りますので慎重に下山開始
b0037717_21582177.jpg

杉林の中で小さなオオハンゲ咲いてました
b0037717_21580511.jpg

滑る登山道よりこっちが楽だよとWさん沢歩き
b0037717_21583596.jpg

キジョランも咲いていました・・・ブレブレですみません
b0037717_21575335.jpg

五合目登山口から古処山林道歩き
すいすいと下って行くと紅色のくずの花がきれい!
ヌルデの花も目を引きました
b0037717_21585264.jpg

国道を暫く歩くと冷やかしの雨に会いました
ショートカットで秋月街道へ
b0037717_21591175.jpg

皆さんこの道初めてと歩いたのですが・・・
砂防ダムの脇を歩きながら、もしかして?思いが有りました
b0037717_21593657.jpg


やっぱり!! だんご庵は忘れていましたが、建物に見覚えが有ります
中に入って行くと休憩させてもらった丸太の椅子が、
「あの場所だ~」初めてじゃなかったんだね
記憶をたどり登山口へと登って行きました
b0037717_22000202.jpg

今回のもう一つの目的カリガネソウ咲いていました
b0037717_22001903.jpg
b0037717_22003466.jpg
五年前の事ですが記憶が薄れ悲しい事ですね
秋月街道はっきりと記憶に残りました(笑)
約12.000歩 さぁ~次回は何処かな?


by yuri-ko20 | 2017-09-12 10:30 | | Comments(2)
古処山

福岡県朝倉市秋月の古処山(860m)へ
九州北部豪雨で被害が大きかった朝倉町のお隣
山もかなりの被害が見受けられました
2日続きの雨!明日も雨!今日は何とか降らないかな?
ここは石灰岩とツゲの原生林、ニシキキンカメムシ、花の山です
滑るのを覚悟で慎重に・・・
コース 古処山登山口~五合目登山口~水舟~山頂
水舟~五合目登山口~古処林道~国道~秋月街道~だんご庵~古処山登山口
鳥居をくぐり進んだのですが、依然と同じ場所とは理解できませんでした

b0037717_12485977.jpg
b0037717_12491241.jpg



五合目登山口・・・今日は登山者も少なく、
追い抜いて行った若者がコーヒータイムでした

b0037717_12492735.jpg



登山道が少し残っています

b0037717_12492041.jpg



雨上がりで足元には神経使いましたね
沢は大きくえぐれ大きな爪跡を残しています
湿気が多いので蒸し暑くサウナ状態ですよ~(笑)

b0037717_12494875.jpg



ガスがかかって私の好きな光景に変わって来ました
この辺りは綺麗な登山道が残っています
ホッとしますが!! 沢に目をやると凄いです

b0037717_12500641.jpg




水舟・・・最後の水場です
今回は奥ノ院ショートカットで
左へ進みます

b0037717_12501770.jpg


わぁ~素敵!
b0037717_12503791.jpg



ツゲが見えて来ました
枝の裏を探すが見つからず・・・今日は雨でだめかもね?
「いました~」やっぱり直ちゃん、探すのは彼女が早いです
ここにも、ここにも・・・探してくれました
ニシキキンカメムシ
動いて上手く撮れません(笑)

今日の一つの目的は達成です
b0037717_13403816.jpg
b0037717_13405783.jpg
b0037717_13411107.jpg


安心してお昼休みランチです

b0037717_13412897.jpg
kazetotomonniさんに 
登れますよ~の情報頂いて有り難うございました

前回はツゲの原生林を綿帽子をかぶったツゲが愛おしく
眺めながら新雪を踏み登った事が忘れられません
2017.09.06
下山は次回へ続く



by yuri-ko20 | 2017-09-09 22:30 |
黒峰

宮崎県五ヶ瀬のトンギリ山(1.250)~黒峰(1.284m)へ
一の瀬登山口~一の瀬越え(分岐)~トンギリ山一の瀬越え(分岐)~ヒナマメ峠~黒峰山
周回で下山のはずが再び~黒峰山~一の瀬分岐~登山口


気分良く足元注意で
一の瀬越分岐まで下りてきました
一休みしてヒナマメ峠をへて黒峰へ登ります

b0037717_10353099.jpg



見上げればふ~~急登です
山は伐採され以前は放牧されていた様ですね
振り返れば綺麗な山容!トンギリ山 尖ってる~

b0037717_10355602.jpg




草の中をジグザグに登って行きますが・・・
草でくぼみが分からず滑りました
後ろから「あんたのお尻は重いからね」Wさんの声
「そうですね」答えるも胸にザクッと刺さります(笑)

b0037717_10362698.jpg




なんだかんだ言いながら9合目位まで来ました
山並みが綺麗に見えて風も通って気分爽快!

b0037717_10365451.jpg




山頂の木陰で楽しい昼食
登山日和ですね

b0037717_10371669.jpg




周回の予定でしたので、反対側へ下山開始!
標識が倒れていて(古い)指す方向が分からないが
自然林の中へと下りて行きました
暫く行くとOさんが「おかしい!細尾根になり、登山道らしきものが見当たらない」と
「あんたが若いから探せ」って言われても体は動かない
見過ごしたのか? 来た道を戻る事にしました
Wさんが脇道を探しながら歩き、OさんはGPSで探すが見当たらない
はぁ~ 再び黒峰の山頂に立つことになった
山はミストシャワー景色も神秘的に変わった
一の瀬越峠へ下山する事にしました

b0037717_10373121.jpg


今回は黒峰を2回登ることになりましたが
引き戻すってきついですね~
里山で遭難? 恥ずかしいよね~笑い話で無事下山しました
何時かリベンジしたい山になりました・・・今度は反時計回りにね


by yuri-ko20 | 2017-09-06 10:58 |
トンギリ山~黒峰

宮崎県五ヶ瀬のトンギリ山(1.250)~黒峰(1.284m)へ
一の瀬登山口~一の瀬越え(分岐)~トンギリ山~一の瀬分岐~ヒナマメ峠~黒峰山
周回で下山のはずが再び~黒峰山~一の瀬分岐~登山口
山は秋晴れ例会不参加の3名+2名で出かけました
一の瀬登山口大駐車場から登山口へテクテクと

b0037717_09320531.jpg



登山口にはアバウトな案内板

b0037717_09321557.jpg



ガレ場の作業道から自然林の中へ
朝日に苔が綺麗です

b0037717_09322253.jpg




少し直登を登ると一の瀬峠(分岐)
西郷さんが鹿児島へ逃げ帰る時休息された場所

b0037717_09323242.jpg




トンギリ山を先に左へ方向を変え
足場が悪い・・・だらだら登り

b0037717_09354082.jpg



夫婦ブナ

b0037717_09354949.jpg




目の前に、地震か雨か崩落?
ザックをデポして空身で登って行く

b0037717_09360077.jpg




視界が開け秋の風・・・涼しい!!
ず~といたい、眺めも好いしね
頂上はもう少し登ります

b0037717_09343296.jpg




頂上の展望は最高!
芝生が植えてあってお昼寝したい気分です
ママコナが登山道の足元に道案内の様に咲いていましたが山頂は群落
そよ風もなんて心地いいんでしょう

b0037717_09361471.jpg
b0037717_09364912.jpg


一休みして一の瀬分岐へ降りて行きます
次回は黒峰へ続く
2017.08.30



by yuri-ko20 | 2017-09-04 10:37 |
高塚山

例会が雨のために一週間延期になりましたが
今日は最高のお天気となりました
予定が変われば参加できなくなる仲間も・・・ねぇ
熊本五木の子守唄の古里へ
高塚山(1.508m)登山口は背後・・・時計回りと反対にぐるりと回って
右ピーク~左端のピークが山頂です

b0037717_12472894.jpg

縦走すれば4キロの車道歩きの為
今回はピストンとしました
ススキも穂をだし山は秋!


b0037717_12475647.jpg

下車した時は爽やかな風
しかし歩けば暑いですねぇ 今日は楽々コース
誰かが清掃してくださったように綺麗な登山道です



気持ち急登(笑)

b0037717_12480687.jpg



約1時間半で山頂です

b0037717_12495806.jpg




眺めは最高!
青空に白い雲素敵ですねぇ
山頂は24度お昼寝最高でしょうか?


b0037717_12492934.jpg


b0037717_12533117.jpg



尾根歩きもここまで・・・

b0037717_12512236.jpg

ヤマホトトギス、ツルリンドウが咲いていました
五木の豆腐をお土産に、東陽町の新生姜も購入
甘酢漬け、味噌漬け、きんぴらにしました
2017.08.23






More
by yuri-ko20 | 2017-08-26 14:43 |
笠松山


宮崎県日之影町、大分県境の笠松山(1.522m)へ
笠松山は上級者の祖母山~傾山への縦走路通過点の山
早朝6時出発!4時間30分のドライブで登山口到着!
黒仁田林道は悪路でガードレール無・・・谷底が見えない!!
Oさんの運転は上手だがスリル満点
車は下に置き暫く林道歩き・・・下界より爽やかな空気

b0037717_10254441.jpg




登山道であったであろうが?

b0037717_10255458.jpg



緑が綺麗!しかし風が通らないので暑い!!
汗!汗!体中から噴き出してくる^^
暫くガレ場登り
b0037717_12190250.jpg



少しづつ高度を上げ、有り難い水場に到着です
熱った顔を冷やし
初物のミカンを頂き、甘くて美味しかったぁ
これから九折越まで急登!
b0037717_10261990.jpg


前方に光が見えてホッとする
b0037717_10263226.jpg



九折越の広場!
b0037717_10264920.jpg



傾山もガスの中
b0037717_10270267.jpg



無人の避難小屋、九折越小屋の上を通って進む
憧れの大先輩(86歳)のKさんは若い頃縦走でこの小屋に
宿泊したそうですが、当時の小屋ではないそうです
b0037717_10272690.jpg



登りはスルーしてしまった、遭難碑です
S44年3月に九折越小屋を目指していたのですが・・・
豪雪で大学生2名が、一日違いで力尽きた場所!
b0037717_10274730.jpg
b0037717_10280121.jpg



何度もアップダウンを繰り返し尾根を歩いてきました
前方が山頂の様ですがガスって見えません・・・
ここで遅い昼食、熱った体が寒くなった
気温24度・・・お腹も満たして頑張るバイ!
b0037717_10282050.jpg



再び林の中へ、急登で疲れた私達をナツツバキが元気くれました
この岩が東展望台、
しかしガスってなにも見えませんが、岩の上にお花を見つけました
足元にはオオルリソウ
b0037717_10284186.jpg



山頂です!展望は残念ながら良くなかったね
遠くに傾山の山頂は見えたっけ!
b0037717_10291319.jpg


小休止で下山ですが、アップダウンの尾根歩きですよね
下山の登りはしんどいねぇ
ローギヤに入れてって言われても脚は正直者(爆笑)
避難碑を過ぎて暫くして、私の左足に衝撃が走ったぁ
b0037717_11590909.jpg


何時も携帯している「ツムラ、シャクヤクカンゾウトウ68」出番です
しかし痛くて自分のは出せません、
直ちゃんが自分のを差し出してくれて、助かったぁありがとう!

九折越小屋を過ぎ休憩中に今度は右足に痛みが走った
仲間に悪いのでじっと我慢です
塩の顆粒を口に含み、歩き出すと楽になった・・・
これから下り大助かりです
沢を幾つか渡り車が見えてきてホッとした

長い~~歩きでしたねぇ(6時間半)暑いのに頑張ました 約20.000歩!
お疲れ様でした・・・21時過ぎ帰宅
2017.08.02



by yuri-ko20 | 2017-08-10 12:32 |
白鳥山

宮崎県大分県境の白鳥山(1.639m)へ
雨上がりの深い森

b0037717_22564879.jpg




3時間半のドライブで峰越登山口到着
この登山口からが多いかな・・・何時も乾いた山ですが
今日はしっとりと良い感じ

b0037717_23001436.jpg





スズタケの小路を登り切ると開かれた尾根道
幾つものピークを過ぎるとブナが多くなる
今日の目的は・・・ブナに自生するフガクスズムシソウに会いに
登山道を少し外れブナを見上げ探します

b0037717_22572373.jpg



霧の中を歩きます
神秘的で大好きです

b0037717_22570441.jpg




霧の晴れ間開けた場所でブナの木を見上げれば
あった!!高い場所で大家族のフガクスズムシソウ発見!
b0037717_22575343.jpg
b0037717_22573636.jpg


ドリーネへと下りて行きます
柵がしてあり入ることはできません・・・以前は歩けたのにね

b0037717_23563879.jpg



最後の急な登りの頃から雨になり
山頂は雨!傘の中で昼食を取り、山頂を探すが見つからなかった
b0037717_22582297.jpg


全員初めてのコースで下山開始雨も上がった
バイケイソウ、山シャクの大群落でした
山シャクの頃また来てみたいねぇ
午後もブナの木を見上げながら・・・有りました沢山!沢山!
b0037717_22583614.jpg
b0037717_22592416.jpg




どれも高い場所でした
長いレンズは今日の私の体調から持参しませんでした・・・悔しい!!
しかし直ちゃんが手が届きそうな場所に咲く
クガクスズムシソウ探してくれてくれました・・・ありがとうねぇ

b0037717_22591280.jpg

b0037717_22593669.jpg
場所も分からない探すの大変でしたが楽しい一日でした

ショウキランも登山道で
b0037717_23010149.jpg
2017.07.19




by yuri-ko20 | 2017-07-25 10:55 |
笹の峠山

1ヶ月ぶりに例会に参加しました
宮崎県椎葉の笹の峠山(1.340.4m)へ峠の名のつく珍しい山
「平家の落人伝説の里」・・・深い山の中 椎葉は走っても走っても椎葉^^
くねくねと緑のトンネルを車は走る
朝日にキラキラ輝いて緑が新鮮に見えた
アクシデントで登山口まで約6時間(帰りは3時間)
このままドライブでもいいかな?・・・弱気な私
笹の峠道はその昔椎葉山道・・・椎葉に入る塩の道でもあった
昼食を取り登山開始・・・食後の登りはしんどいね~
登山者も少ないらしく、カヤをかき分け進む

b0037717_20231591.jpg



作業道に出ると自然林、植林の中

b0037717_20233200.jpg


林道を横切り再び山の中へ
b0037717_20240384.jpg


森が不気味・・・
b0037717_20242092.jpg



車道を横切り山の中へ・・・15分の看板があった

b0037717_20243802.jpg


山頂到着・・・一休みして下山
皆一気に駆け下りた
b0037717_20251284.jpg



山奥に民家が見える・・・
b0037717_20253493.jpg


登山口到着・・・5時30分
何とか歩けたぁ嬉しい!山の空気最高ね
長い一日満喫しました




by yuri-ko20 | 2017-07-19 10:22 |
英彦山で出会ったお花

黄色いウリノキの花、白いハイノキの花
舞妓さんの簪の様に風に揺れて アサガラの花

b0037717_19372266.jpg




紫陽花の仲間イワガラミの花も満開です
ウグイスカグラの赤い実可愛かった
チョット控えめカマツカの花

b0037717_19405768.jpg




水辺や湿気のある場所が好きな
ミズタビラコ

b0037717_19565950.jpg




ボケボケ画像ですみません
私は初のシソバタツナミ・・・葉の裏が紫

b0037717_19373408.jpg



by yuri-ko20 | 2017-06-18 10:25 |
英彦山 北岳~高住神社

中岳で休憩し心引きしめ北岳(1.192m)へ
このコース何度か登っていますが、下りは初めてでした
下り大変だけど私は好きですね
変化があって楽しい!
頼りない梯子(笑)

b0037717_09082802.jpg



岩の階段、上りはキツイが下りは楽ですね

b0037717_09084415.jpg




歩いて来た・・左南岳、右中岳・・・
回り込んできました

b0037717_09085889.jpg




北岳到着!

b0037717_09091338.jpg





気を引き締めて下山開始

b0037717_09092906.jpg




梯子やロープもあって楽しい登山道
ここまではルンルン♪

b0037717_09094709.jpg




泣きたくなるこの尖った石!
転べば痛いだろうな~ 怪我するかもね
私は尖った石が大嫌い!・・・
途中不規則な石段に変わりますが・・・40~50分
脚も限界! 膝が笑う

b0037717_09100305.jpg



柱状節理が砕け登山道に・・・自然だから我慢して歩く

b0037717_09101872.jpg




疲れた私達にホッとさせてくれた
山の貴婦人オオヤマレンゲ

b0037717_09355854.jpg


長い長いお付き合い頂きました、有り難うございます
無事高住神社到着しました
山の中で7時間登ったり下ったり、岩と戯れ
皆さんニコニコ! しんどかったけど、楽しかったねって
自宅到着21時頃でした
2017.06.08


by yuri-ko20 | 2017-06-16 09:51 |