そ よ 風 散 歩

そよ風のように爽やかで気ままに・・・デジカメと遊ぶ!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
大切なお客様



☆★ my HP soyokaze ★☆


最新の記事
二人の忘年会
at 2017-12-16 10:29
グラデーション
at 2017-12-14 10:23
紅葉も最後かな?
at 2017-12-12 10:57
天草倉岳・矢筈岳
at 2017-12-10 17:13
お茶屋跡の紅葉
at 2017-12-08 10:49
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
以前の記事
最新のコメント
tozan6411さん ..
by yuri-ko20 at 18:41
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:山( 358 )
下城の大イチョウ

小国町の国指定天然記念物
下城の大イチョウです
樹齢1000年以上だそうです・・・見上げれば圧巻!
ライトアップもあります

b0037717_16020188.jpg
b0037717_16021588.jpg
b0037717_11005772.jpg


下城の滝

b0037717_16022878.jpg


by yuri-ko20 | 2017-11-05 12:18 |
鞍岳


秋晴れ清々しくて良いですね
しかしUPが遅れ雨続きの画像からです


例会も紅葉ピークの「大船山」の予定でしたが変更で「鞍岳」へ
午後から雨模様でしたが、近づくとガスで視界が悪いです
何処か行きたい山女達は歩きました
登山口

b0037717_10114782.jpg





このコースは10年振りでしょうか?
登山客は私達だけかもね?

b0037717_10135985.jpg




いえいえ佐賀の十数名の登山者、福岡の男性の方
360度パノラマの素晴らしい景色 ご覧いただけなくて申し訳ないね

b0037717_10173635.jpg




カマツカの赤い実が目立ちます

b0037717_10143186.jpg




ムラサキシキブ滴が可愛い

b0037717_10174729.jpg




ブナの葉
葉脈とキョシに特徴がある
葉が内側に反り、溜めた水を根元に流す

b0037717_10144150.jpg




岩場にノコンギクの群落

b0037717_10145551.jpg



ヤマラッキョ滴が重たそうね

b0037717_10152215.jpg




足元にどんぐりの帽子が沢山落ちていました
Tちゃんが手先が器用で何か作るそうです

b0037717_10142419.jpg


雨は雨なりの楽しみ方が有りますね
体が冷えてきました・・・道の駅でだんご汁で温まって幸せ!

2017.10.18




More
by yuri-ko20 | 2017-10-25 10:45 |
矢岳秋近し


コース 登山口~矢岳分岐~直登コース~矢岳山頂
竜王山鞍部~南面ルート~高千穂河原分岐~登山口

昼食を取り、
ミカエリソウのお花畑があると地元の方に教えて頂いて
北斜面へ下りてみる

山肌をピンクに染めてお花畑です
周りの木々も色づき始めていますね

b0037717_10411529.jpg



大きな蜂が縄張を見張っています

b0037717_10402783.jpg



蝶の乱舞・・・見てる私も微笑んでしまいます

b0037717_10404700.jpg



山頂に戻り竜王山方面へ下山開始
此方はツクシコウモリソウの群落地です
今回は終盤でちょっと残念でした
竜王山鞍部分岐を左へ南面ルートを進みます
ススキを漕いで進むと正面に高千穂の峰!
先ほどまで雲の中でしたが堂々と鎮座!貫禄ありますね~

b0037717_10422770.jpg



ススキを漕いで高度を下げて・・・満喫!

b0037717_10423988.jpg
b0037717_10425672.jpg



自然林の中を進み矢岳川へと下りてきました

b0037717_10431747.jpg


登り上がりフラットの登山道を進むとT字路に
左に進む矢岳分岐を直進して登山口へ

b0037717_10434198.jpg


矢岳は2回目、コースは少し違いますが
前回は長くて疲れました
私的には疲れも無く今日のコース満足です
約10.000歩・・・

キリシマヒゴタイ・・・お久しぶりですね

b0037717_10442349.jpg


登山口のナンバンギセル、
ミカエリソウの中に身を隠すように咲いていた、ヒナノシャクジョウ
赤い実が可愛いヤマボウシ!初めて食べてみたが・・・ウ~ン(笑)
そうそうアザミも綺麗に咲いていましたね

心に残る一日でした


by yuri-ko20 | 2017-10-11 09:15 |
矢岳


宮崎県霧島矢岳(1.132m)へ
コース 登山口~矢岳分岐~直登コース~矢岳山頂
竜王山鞍部~南面ルート~高千穂河原分岐~登山口

b0037717_23015731.jpg



登山口駐車場で地元の方に、少し舗装道路歩きのコースを教えてもらった
危険な所が有るから、危ないと思ったら引き返すように・・・と
舗装道路から山の中へ!直ぐに本来のコースに合流

b0037717_23020749.jpg



矢岳分岐を右に進み直登コース

b0037717_23021647.jpg



朝方まで雨が降ったのか岩が濡れていた・・・ご用心
ちょこっと岩場歩きを楽しんだ

b0037717_23022568.jpg




矢岳川へと下りて行く

b0037717_23023316.jpg




一休みして急斜面をひたすら登る
ツクシミカエリソウが・・・可愛いですね

b0037717_23024745.jpg
b0037717_23033863.jpg




アキノギンリョウソウ

b0037717_23025987.jpg



ツクシコウモリソウの残り花

b0037717_23040424.jpg



登山道を埋め尽くすほどのツクシミカエリソウの群落が現れる

b0037717_23050516.jpg


山頂まで続く群落・・・想像以上に感動です

b0037717_23462386.jpg


b0037717_23052684.jpg


新しい標識が立てられていた
2017.10.04


by yuri-ko20 | 2017-10-09 00:04 |
栗野岳
鹿児島県霧島湧水町、栗野岳(1.102m)へ
コース 栗野岳登山口~第一展望所~栗野岳山頂(1.102m)~栗野岳第2峰(1.094m)
見晴台(1.069m)~パノラマ展望台~枕木階段~栗野岳登山口・・・周回コース
b0037717_22444984.jpg



栗野岳登山口

b0037717_22241991.jpg



今日は直リーダー緩やかな自然林の中を登って行く

b0037717_22243320.jpg
b0037717_22244391.jpg


何も見えない第一展望所を通って~山頂へ
展望は全くない狭い山頂!前回は記憶にない

b0037717_22250300.jpg



一旦登山道へ引き返し第2峰へ
前回はここに山頂と標識は立っていた

b0037717_22251183.jpg




昼食には早いので見晴台まで進むことに
ここが岩場の下り、一歩一歩楽しみながら下りたいが
Oさんの長い脚が目の前に下りてくる「あぁ~早いよ~」
両手がふさがってるし、立ち止まって写真撮りたいが・・・脚が伸びてくる

b0037717_22255464.jpg



岩場を下り再び登り上がる
しかし!!昼食は車の中に忘れてる(泣)
昨夜から悩み事が有り、今朝は血圧も高かった・・・嫌~な目覚めだった
見晴台で昼食、今日は生憎のお天気でちょっと残念です
ススキが穂をだし秋!汗ばんだ体もヒンヤリと・・・
地熱発電所の噴煙が見えますね

b0037717_22264002.jpg



仲間に昼食分けてもらって満腹になった
御馳走様でした
前方韓国岳

b0037717_22265900.jpg



急坂にかかる頃ガスがかかり良い雰囲気に

b0037717_22271303.jpg
b0037717_22272677.jpg



ポツリ!ポツリ!雨が落ちてきた
足元注意でパノラマ展望台へ下りてきました
湧水町のブロ友 凛凛さんと紅葉真っ盛りの4年前
2日間遊んだ思い出が蘇る

b0037717_22274432.jpg



JRの廃止になった枕木を使用
561段日本一の階段
体調悪いので連絡はしなかった
しかし凛凛さんの家の前を通った時会いたいなって思った
想い出の枕木階段で4年ぶりの再会できました

b0037717_00300542.jpg

凛凛さん元気になったらこの階段又登ろうね
2017.09.20


by yuri-ko20 | 2017-09-24 00:10 |
古処山(復路)
コース 古処山登山口~五合目登山口~水舟~山頂
水舟~五合目登山口~古処林道~国道~秋月街道~だんご庵~古処山登山口

陽がさしたり、ガスがかかったり・・・降らないだけ良しとしましょう
気温20度汗ばんだ体に涼しい風も
食事中に寒くなりました
五合目登山口まで来た道を・・・
b0037717_14253593.jpg

滑りますので慎重に下山開始
b0037717_21582177.jpg

杉林の中で小さなオオハンゲ咲いてました
b0037717_21580511.jpg

滑る登山道よりこっちが楽だよとWさん沢歩き
b0037717_21583596.jpg

キジョランも咲いていました・・・ブレブレですみません
b0037717_21575335.jpg

五合目登山口から古処山林道歩き
すいすいと下って行くと紅色のくずの花がきれい!
ヌルデの花も目を引きました
b0037717_21585264.jpg

国道を暫く歩くと冷やかしの雨に会いました
ショートカットで秋月街道へ
b0037717_21591175.jpg

皆さんこの道初めてと歩いたのですが・・・
砂防ダムの脇を歩きながら、もしかして?思いが有りました
b0037717_21593657.jpg


やっぱり!! だんご庵は忘れていましたが、建物に見覚えが有ります
中に入って行くと休憩させてもらった丸太の椅子が、
「あの場所だ~」初めてじゃなかったんだね
記憶をたどり登山口へと登って行きました
b0037717_22000202.jpg

今回のもう一つの目的カリガネソウ咲いていました
b0037717_22001903.jpg
b0037717_22003466.jpg
五年前の事ですが記憶が薄れ悲しい事ですね
秋月街道はっきりと記憶に残りました(笑)
約12.000歩 さぁ~次回は何処かな?


by yuri-ko20 | 2017-09-12 10:30 | | Comments(3)
古処山

福岡県朝倉市秋月の古処山(860m)へ
九州北部豪雨で被害が大きかった朝倉町のお隣
山もかなりの被害が見受けられました
2日続きの雨!明日も雨!今日は何とか降らないかな?
ここは石灰岩とツゲの原生林、ニシキキンカメムシ、花の山です
滑るのを覚悟で慎重に・・・
コース 古処山登山口~五合目登山口~水舟~山頂
水舟~五合目登山口~古処林道~国道~秋月街道~だんご庵~古処山登山口
鳥居をくぐり進んだのですが、依然と同じ場所とは理解できませんでした

b0037717_12485977.jpg
b0037717_12491241.jpg



五合目登山口・・・今日は登山者も少なく、
追い抜いて行った若者がコーヒータイムでした

b0037717_12492735.jpg



登山道が少し残っています

b0037717_12492041.jpg



雨上がりで足元には神経使いましたね
沢は大きくえぐれ大きな爪跡を残しています
湿気が多いので蒸し暑くサウナ状態ですよ~(笑)

b0037717_12494875.jpg



ガスがかかって私の好きな光景に変わって来ました
この辺りは綺麗な登山道が残っています
ホッとしますが!! 沢に目をやると凄いです

b0037717_12500641.jpg




水舟・・・最後の水場です
今回は奥ノ院ショートカットで
左へ進みます

b0037717_12501770.jpg


わぁ~素敵!
b0037717_12503791.jpg



ツゲが見えて来ました
枝の裏を探すが見つからず・・・今日は雨でだめかもね?
「いました~」やっぱり直ちゃん、探すのは彼女が早いです
ここにも、ここにも・・・探してくれました
ニシキキンカメムシ
動いて上手く撮れません(笑)

今日の一つの目的は達成です
b0037717_13403816.jpg
b0037717_13405783.jpg
b0037717_13411107.jpg


安心してお昼休みランチです

b0037717_13412897.jpg
kazetotomonniさんに 
登れますよ~の情報頂いて有り難うございました

前回はツゲの原生林を綿帽子をかぶったツゲが愛おしく
眺めながら新雪を踏み登った事が忘れられません
2017.09.06
下山は次回へ続く



by yuri-ko20 | 2017-09-09 22:30 |
黒峰

宮崎県五ヶ瀬のトンギリ山(1.250)~黒峰(1.284m)へ
一の瀬登山口~一の瀬越え(分岐)~トンギリ山一の瀬越え(分岐)~ヒナマメ峠~黒峰山
周回で下山のはずが再び~黒峰山~一の瀬分岐~登山口


気分良く足元注意で
一の瀬越分岐まで下りてきました
一休みしてヒナマメ峠をへて黒峰へ登ります

b0037717_10353099.jpg



見上げればふ~~急登です
山は伐採され以前は放牧されていた様ですね
振り返れば綺麗な山容!トンギリ山 尖ってる~

b0037717_10355602.jpg




草の中をジグザグに登って行きますが・・・
草でくぼみが分からず滑りました
後ろから「あんたのお尻は重いからね」Wさんの声
「そうですね」答えるも胸にザクッと刺さります(笑)

b0037717_10362698.jpg




なんだかんだ言いながら9合目位まで来ました
山並みが綺麗に見えて風も通って気分爽快!

b0037717_10365451.jpg




山頂の木陰で楽しい昼食
登山日和ですね

b0037717_10371669.jpg




周回の予定でしたので、反対側へ下山開始!
標識が倒れていて(古い)指す方向が分からないが
自然林の中へと下りて行きました
暫く行くとOさんが「おかしい!細尾根になり、登山道らしきものが見当たらない」と
「あんたが若いから探せ」って言われても体は動かない
見過ごしたのか? 来た道を戻る事にしました
Wさんが脇道を探しながら歩き、OさんはGPSで探すが見当たらない
はぁ~ 再び黒峰の山頂に立つことになった
山はミストシャワー景色も神秘的に変わった
一の瀬越峠へ下山する事にしました

b0037717_10373121.jpg


今回は黒峰を2回登ることになりましたが
引き戻すってきついですね~
里山で遭難? 恥ずかしいよね~笑い話で無事下山しました
何時かリベンジしたい山になりました・・・今度は反時計回りにね


by yuri-ko20 | 2017-09-06 10:58 |
トンギリ山~黒峰

宮崎県五ヶ瀬のトンギリ山(1.250)~黒峰(1.284m)へ
一の瀬登山口~一の瀬越え(分岐)~トンギリ山~一の瀬分岐~ヒナマメ峠~黒峰山
周回で下山のはずが再び~黒峰山~一の瀬分岐~登山口
山は秋晴れ例会不参加の3名+2名で出かけました
一の瀬登山口大駐車場から登山口へテクテクと

b0037717_09320531.jpg



登山口にはアバウトな案内板

b0037717_09321557.jpg



ガレ場の作業道から自然林の中へ
朝日に苔が綺麗です

b0037717_09322253.jpg




少し直登を登ると一の瀬峠(分岐)
西郷さんが鹿児島へ逃げ帰る時休息された場所

b0037717_09323242.jpg




トンギリ山を先に左へ方向を変え
足場が悪い・・・だらだら登り

b0037717_09354082.jpg



夫婦ブナ

b0037717_09354949.jpg




目の前に、地震か雨か崩落?
ザックをデポして空身で登って行く

b0037717_09360077.jpg




視界が開け秋の風・・・涼しい!!
ず~といたい、眺めも好いしね
頂上はもう少し登ります

b0037717_09343296.jpg




頂上の展望は最高!
芝生が植えてあってお昼寝したい気分です
ママコナが登山道の足元に道案内の様に咲いていましたが山頂は群落
そよ風もなんて心地いいんでしょう

b0037717_09361471.jpg
b0037717_09364912.jpg


一休みして一の瀬分岐へ降りて行きます
次回は黒峰へ続く
2017.08.30



by yuri-ko20 | 2017-09-04 10:37 |
高塚山

例会が雨のために一週間延期になりましたが
今日は最高のお天気となりました
予定が変われば参加できなくなる仲間も・・・ねぇ
熊本五木の子守唄の古里へ
高塚山(1.508m)登山口は背後・・・時計回りと反対にぐるりと回って
右ピーク~左端のピークが山頂です

b0037717_12472894.jpg

縦走すれば4キロの車道歩きの為
今回はピストンとしました
ススキも穂をだし山は秋!


b0037717_12475647.jpg

下車した時は爽やかな風
しかし歩けば暑いですねぇ 今日は楽々コース
誰かが清掃してくださったように綺麗な登山道です



気持ち急登(笑)

b0037717_12480687.jpg



約1時間半で山頂です

b0037717_12495806.jpg




眺めは最高!
青空に白い雲素敵ですねぇ
山頂は24度お昼寝最高でしょうか?


b0037717_12492934.jpg


b0037717_12533117.jpg



尾根歩きもここまで・・・

b0037717_12512236.jpg

ヤマホトトギス、ツルリンドウが咲いていました
五木の豆腐をお土産に、東陽町の新生姜も購入
甘酢漬け、味噌漬け、きんぴらにしました
2017.08.23






More
by yuri-ko20 | 2017-08-26 14:43 |