そ よ 風 散 歩

そよ風のように爽やかで気ままに・・・デジカメと遊ぶ!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
大切なお客様



☆★ my HP soyokaze ★☆


最新の記事
秋雨
at 2017-10-16 10:09
最後の運動会
at 2017-10-13 10:37
矢岳秋近し
at 2017-10-11 09:15
矢岳
at 2017-10-09 00:04
30ミリ初撮り
at 2017-09-29 13:49
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
以前の記事
最新のコメント
tozan6411さん ..
by yuri-ko20 at 18:41
ブログジャンル
画像一覧
英彦山で出会ったお花

黄色いウリノキの花、白いハイノキの花
舞妓さんの簪の様に風に揺れて アサガラの花

b0037717_19372266.jpg




紫陽花の仲間イワガラミの花も満開です
ウグイスカグラの赤い実可愛かった
チョット控えめカマツカの花

b0037717_19405768.jpg




水辺や湿気のある場所が好きな
ミズタビラコ

b0037717_19565950.jpg




ボケボケ画像ですみません
私は初のシソバタツナミ・・・葉の裏が紫

b0037717_19373408.jpg



# by yuri-ko20 | 2017-06-18 10:25 |
英彦山 北岳~高住神社

中岳で休憩し心引きしめ北岳(1.192m)へ
このコース何度か登っていますが、下りは初めてでした
下り大変だけど私は好きですね
変化があって楽しい!
頼りない梯子(笑)

b0037717_09082802.jpg



岩の階段、上りはキツイが下りは楽ですね

b0037717_09084415.jpg




歩いて来た・・左南岳、右中岳・・・
回り込んできました

b0037717_09085889.jpg




北岳到着!

b0037717_09091338.jpg





気を引き締めて下山開始

b0037717_09092906.jpg




梯子やロープもあって楽しい登山道
ここまではルンルン♪

b0037717_09094709.jpg




泣きたくなるこの尖った石!
転べば痛いだろうな~ 怪我するかもね
私は尖った石が大嫌い!・・・
途中不規則な石段に変わりますが・・・40~50分
脚も限界! 膝が笑う

b0037717_09100305.jpg



柱状節理が砕け登山道に・・・自然だから我慢して歩く

b0037717_09101872.jpg




疲れた私達にホッとさせてくれた
山の貴婦人オオヤマレンゲ

b0037717_09355854.jpg


長い長いお付き合い頂きました、有り難うございます
無事高住神社到着しました
山の中で7時間登ったり下ったり、岩と戯れ
皆さんニコニコ! しんどかったけど、楽しかったねって
自宅到着21時頃でした
2017.06.08


# by yuri-ko20 | 2017-06-16 09:51 |
英彦山 南岳~中岳

ケルンの谷~南岳~中岳へ
今度は下った分登らなければなりません・・・フゥ!

b0037717_00045334.jpg



苔に乗って「フワフワ気持ちいいよ~」Aさん
私も乗って見た・・・フワフワ!良い感触
岩は濡れて滑ります、浮石に注意しながら神経使います

b0037717_00052773.jpg



遅れてもシャッター切るのは忘れません
シャッター音大好きです
追いつく元気もその気も無く、マイペース(笑)
ここを登り切ると鞍部にでます

b0037717_00055107.jpg



中岳と南岳の鞍部に出て、南岳へ (1.199.6m)
昼食を取り・・・きつかった事もう忘れています^^

b0037717_00064243.jpg




中岳へ登り上がります

b0037717_00070827.jpg




英彦山神社(1.188m)
地震なのか?神社は傷んでいます
写真撮ったつもりですが・・・画像が見当たりません
山頂のメアサ杉

b0037717_00073307.jpg


次回北岳へ 続く



# by yuri-ko20 | 2017-06-14 00:45
裏英彦山はジブリの世界

今日も4時間のドライブで福岡県添田町に到着
前回は雪を期待してきましたが残念でした
今年2度目の英彦山ですね・・・どのコースもしんどいけれど~
まだあまり知られていない「裏英彦山」を歩きます

自分の体力も考えず、直ぐに乗ってしまいます・・・何とかなるさ!(笑)
高住神社~薬師峠~裏英彦山登山口~南岳(1.199.6m)~中岳(1.188m)
~北岳(1.192m)~高住神社
今日は神秘的な苔の裏英彦山、ケルンの谷まで・・・


b0037717_23522041.jpg

薬師峠を越え登山口へ

b0037717_11380105.jpg
b0037717_11381106.jpg


のっけから急登でした
しかしグリーンって目だけじゃないわ、心も優しくしなるね

b0037717_11384574.jpg


私はアルプスでも6キロでした、彼女は10キロ担ぎます
今日は夏の遠征の訓練で6キロ担いでいます

b0037717_11385681.jpg
b0037717_10094911.jpg


皆が感動した・・・神秘的な苔と新緑のコントラスト
苔の森!ジブリの世界!
b0037717_11391485.jpg



人があまり入っていないために
自然のまま・・・素晴らしい!

b0037717_11392950.jpg


感動し溜息ついて・・・
ケルンの谷へどんどん降りて行きます
b0037717_11462615.jpg



オ~イ!! 声をかけても誰も振り向かない
「誰も振り向かない!」私のひとり言が聞こえたのか Wさんニッコリ!
ありがとうね!

b0037717_10100784.jpg



ケルンの谷到着・・・少し休憩
b0037717_11464584.jpg

次回南岳まで 続きます



# by yuri-ko20 | 2017-06-13 11:05 |
終盤の花

ユキノシタ

b0037717_14154708.jpg




ナデシコ

b0037717_14155985.jpg




タイサンボク

b0037717_14160977.jpg



# by yuri-ko20 | 2017-06-12 10:13 | 庭の花
ヤツシロソウ

梅雨に入りましたが
晴れの日続きでお花を長く見ることができます
b0037717_14260379.jpg
b0037717_14254942.jpg
b0037717_14265687.jpg


# by yuri-ko20 | 2017-06-11 10:28 | 庭の花 | Comments(10)
万年山

鼻ぐりコース~縦走コース山頂~直登コース下山

鼻ぐりコースは初めてです

b0037717_11510268.jpg



くぐり出ると「万年仏
綺麗なお顔立ち

b0037717_12043980.jpg



乾いて誇りがします
ズルズル・・・今日のハイライト!!(笑)

b0037717_12051440.jpg




此方は仁王様の様な

b0037717_12045888.jpg



縦走路のヤマツツジ・・・下は満開でしたが
蕾があって暫く癒してくれそうですね
b0037717_12053453.jpg


ドウダンツツジ
・・・見上げると笑っているようです
疲れも癒してくれて・・・思わずニッコリ!
b0037717_12055441.jpg
b0037717_12071384.jpg



コツクバネウツギ

羽根が可愛い
b0037717_12061903.jpg



ミヤマキリシマ
・・・縦走路の小休止もほっこり!
b0037717_12065467.jpg



ウラジロノキ・・・葉の裏が白い
珍しいと思ったが、最近は山で目に付きます
b0037717_12063774.jpg



夏にハゼの様に葉が色づくので
ナツハゼ
b0037717_12074302.jpg
雨が降ったり、暑かったり
縦走路はそよ風に助けられ、軽快に歩けました
山頂でコーヒタイム楽しんで、直登コースで登山口へ

今日も歩いた約19.000歩



# by yuri-ko20 | 2017-06-10 14:06 |
万年山

大分県玖珠
万年山(はねやま 1.140.2m)へ

b0037717_10030212.jpg

登山口~分岐~林間コース~ミヤマキリシマ群生地
鼻ぐりコース~縦走コース~山頂~分岐~登山口

登山口出発・・・何時もより登山者が多いですね

b0037717_09542968.jpg



秋にはオレンジの実をつける 
ツルウメモドキ(お花は初です)

b0037717_10041725.jpg



草原良いですね~

b0037717_10043348.jpg



ミヤマキリシマ第一群生地
帰りに立ち寄りましょうね・・・先へ進みます

b0037717_10044419.jpg



避難小屋分岐まで来ました

b0037717_10045508.jpg


南アルクス万年山コースへ右折します

少し早い、ヤマアジサイの群生を通り
杉木立の中に目立つ鶴!
羽を広げたような、ツクシマムシグサ

b0037717_10050634.jpg



好い香りが漂って・・・ゴマの香りです
ゴマキが沢山!

b0037717_10053082.jpg


お花は初です

b0037717_10051826.jpg


ミヤマキリシマ群生地到着!
通り雨で傘の花も咲きました

b0037717_10054253.jpg



庭園に居るようです

b0037717_10055561.jpg
b0037717_10063689.jpg
b0037717_10061635.jpg



サワギクも登山道に

b0037717_10071263.jpg



足元に小さな バイカイカリソウ

b0037717_10065542.jpg


鼻ぐり分れまで来ました
北九州の団体さんとスルーして少し早い昼食にしました
雨も上がり陽がさしてきました
鼻ぐりコース~縦走コース 次回へ続く
2017.05.31



More
# by yuri-ko20 | 2017-06-07 11:09 |
愛称「天明のミニパナマ運河」

中無田閘門
・・・
加勢川の下流拡張整備され、
航路がふさがれ川尻の船の行き来は緑川となった
緑川と加勢川は水位差があり船がスムーズに航行できるように造られた

二つの木製のゲートによって水量を調整
緑川と加勢川を連結するミニパナマ運河

緑川・・・訪れた時は引き潮で迫力減でした
b0037717_09425311.jpg

加勢川の閘門は閉ざされています
b0037717_09430642.jpg
ゲート開き入船
b0037717_09432010.jpg
ゲートは閉められる
b0037717_09433727.jpg
緑川のゲートの下の部分だけ開く
b0037717_09435215.jpg
水位が下がり緑川と同じになる
b0037717_09440546.jpg
緑川のゲートが開き船は緑川へ
b0037717_09442131.jpg
b0037717_09445223.jpg
緑川~加勢川へ
b0037717_09450812.jpg
緑川の閘門は閉ざされ
加勢川のゲート下の部分が開く・・・船は水位が上がるのを待つ
b0037717_09452254.jpg
ゲートが開き加勢川へ
b0037717_09453466.jpg
現在も現役の閘門!!
以前川尻散策の時、ある事は知ってはいました
ここが見たくて今回の てく・てくに参加しました
何時か機会があれば船で通って見たい・・・好奇心!



# by yuri-ko20 | 2017-06-04 09:28
歴史散策 てく・てく


我が6町内の 歴史散策てく・てく に参加しました
市内南区川尻町を散策
川尻は加藤清正の治水事業で港町として発展
町奉行所が置かれ、緑川、加勢川沿いに港町、宿場町として栄えた

肥後象嵌
b0037717_22135048.jpg



海の玄関口であった肥後川尻は工芸が生まれ
伝統を今日まで継承している
刃物工芸

b0037717_22132183.jpg
b0037717_22142022.jpg



肥後ゴマ

b0037717_22140450.jpg


絵付け

b0037717_22143877.jpg



瑞鷹東肥大正蔵

b0037717_22145246.jpg



西南の役・・・薩軍の本営跡
現在は川尻小学校

b0037717_22151049.jpg



加勢川

b0037717_22154330.jpg



船着き場・・・お殿様の下船場所(石段が少し立派 笑)
現在は上を新幹線が走っています

b0037717_22155580.jpg



奥!県下で一番早い公衆トイレ

b0037717_22160955.jpg



洗い場

b0037717_22162419.jpg



杉島御船手渡し場跡
住まいが対岸にあたため、藩船の乗組員、水夫などが使用

b0037717_22163782.jpg



米蔵・・・現在地震で壊れ修復中

b0037717_22165106.jpg


薩摩街道宿泊所、その他見学
昼食は割烹 岩村にて
午後は「東洋のミニパナマ運河」へ



# by yuri-ko20 | 2017-06-01 23:52 | ウォーキング